季節の変わり目は古い下着とお別れする良いチャンス

季節の変わり目の出張時には、古くなった下着を出張先で捨ててくるYukioです!
下着=肌に直接触れる衣類は、一所懸命、捨ててきます。
今回はその理由を紹介します。

3月の中旬の出張くらいから出張時には捨てる下着を着て出かけます。
帰ってくる日の分の新品の下着を持って出かけます。

パンツは読者の方に見せるのは、申し訳ないので写しませんでしたが、捨ててきます。

3月ならヒートテックや厚手や長めの靴下類を捨ててきます。
要はそのシーズンに使ったものを捨ててきます。
あまり着なかった感じのする肌着も、頑張って捨てちゃいます。

今度着るとしても、厚手のヒートテックを着るのは半年以上先ということを考えると、
肌に直接つけてたものは匂いとかも気になるので捨ててしまいます。

出張時に捨てるのは
荷物が少なくなるという理由です。

一泊の時なんかは、帰りの荷物が少なくなるので、
カバン一つで出かけられるというメリットもあります。

でも本当のメリットは、
こうして下着から捨て始めると
他の衣類も捨てられるようになることなのです。

私は下着の断捨離が季節ごとにできるようになってから、捨てることに抵抗がなくなり、
シャツやスーツまで捨てることができるようになりました。
シャツやスーツを捨てると言っても、寄付するのですが!
私の住んでいる区には、区役所に衣類を引き取るボックスが常設されているので、
そこに持って行きます!

下着のように出張先のホテルのゴミ箱にポイしてくる訳ではありません。

シャツはそのシーズンに一度も着なかったもので、
少し疲れちゃってるものを捨ててしまいます。

セーターも、そのシーズンに着なかったものは積極的に捨てます。

スーツは3年着てなければ、やはり捨ててしまいます。

断捨離がいいのは、
今の自分に必要なものと暮らしていけてるという充実感。

なかなかものを捨てられない方、
断捨離を始めたいと思っている方にオススメです。

季節の変わり目に下着から捨ててみよう!

投稿者プロフィール

佐野 友希夫
佐野 友希夫
基本的に人が好きで、特に仕事を通して人が成長していく姿を見るのが大好きな人材育成コンサルタント。沖縄から北海道まで日本全国のクライアントを飛び回る出張の達人。食べ物で好き嫌いが全く無いので、各地の美味しいものを食べ過ぎてしまい、なかなか目標体重にたどり着かないグルメラバー。そして20代の起業を支援するビジネスコーチのYukioさんこと、佐野友希夫(さのゆきお)