少年野球も形から

こんにちは。小学生の頃は野球少年だったYukioです。

最近になって小学2年生の息子が野球を始めて、今では毎週日曜日は少年野球のお手伝いに行ってます。

先週末は練習試合で、息子も試合に出させてもらえました。息子の所属する近所のチームは割と強いチームなのですが、練習試合に行くと、相手が強いのか弱いのかは試合の前から分かります。

どこを見ると分かるかというと?!

「格好です!」
強いチームは練習試合でも、みんな同じユニフォームを着ています。

弱いチームは練習試合の時はアンダーシャツだけの選手がいたり、背番号がユニフォームに貼ってなかったり、選手のユニフォームがバラバラなのです。

練習だから大丈夫。練習だから格好はなんでもいいよ!と小学生に言うと、それだけで試合に向き合うテンションが下がります。

練習試合でも、ちゃんとユニフォームを着てこないと試合には出れないと思えば、小学2年生の子供でも前の日に準備をしたりするのです。

それだけで明日の試合は打ちたいな〜とか、明日はキャッチャーやれせてもらいたいな〜と子供ながらに気持ちが盛り上がるのです。

小学生だから格好は気にしなくて良いよとしてしまうと、少年野球なのに、おっさんたちの草野球に見えてきてしまうのです。

形を整えると、気持ちが盛り上がるのは、こんなところにも見え隠れするのです。

投稿者プロフィール

佐野 友希夫
佐野 友希夫
基本的に人が好きで、特に仕事を通して人が成長していく姿を見るのが大好きな人材育成コンサルタント。沖縄から北海道まで日本全国のクライアントを飛び回る出張の達人。食べ物で好き嫌いが全く無いので、各地の美味しいものを食べ過ぎてしまい、なかなか目標体重にたどり着かないグルメラバー。そして20代の起業を支援するビジネスコーチのYukioさんこと、佐野友希夫(さのゆきお)