「駒形 どぜう本店」江戸時代から続くどじょう料理の老舗

浅草に、江戸時代から続くどじょう料理の老舗の店があります。

浅草寺に行った後に連れて行くと、喜ばれるお店なのでご紹介。

今回ご紹介するお店は、「駒形 どぜう本店」さんです。

こちらの建物は江戸時代の商家造りで、
当時、お店の前を通る大名行列を見下ろすことがない様に、
通りに面した 2階には当時の名残で窓がありません。

店内は、江戸の風情がそのまま残っていて、
昔にタイムスリップしたような空間で、2階と地下1階にはテーブル席もあって、
それぞれの階に各々違った趣があります。

この日はせっかくなので、
江戸時代のままの雰囲気が楽しめる1階の席にしました。

定番の「どぜう鍋」を注文します。

炭火の入った焜炉に下煮された土壌が丁寧に使っていて、
煮たったらすぐに食べれます。

どじょうは全く臭みはなく、
骨まで柔らかくて甘辛の割下とよく合います。

ごぼうとネギを追加で注文してトッピングしていただくのがお勧めです。

お客さんは年配の方が多く、
みんな瓶ビールや日本酒を注文してどじょうをつまんでいる感じです。

常連さんなのか、
1人でビールとどじょうを楽しんでいる男性もいて粋な感じです。

「駒形 どぜう本店」。
浅草の歴史を感じることができる、
一度は行ってみる価値のあるお店、お勧めです。

駒形 どぜう本店

Access

〒111-0043
東京都台東区駒形1-7-12
電話 03-3842-4001
OPEN 11:00-21:00
定休日 無

都営地下鉄 浅草駅 徒歩2分
東京メトロ 浅草駅 徒歩5分

投稿者プロフィール

佐野 友希夫
佐野 友希夫
基本的に人が好きで、特に仕事を通して人が成長していく姿を見るのが大好きな人材育成コンサルタント。沖縄から北海道まで日本全国のクライアントを飛び回る出張の達人。食べ物で好き嫌いが全く無いので、各地の美味しいものを食べ過ぎてしまい、なかなか目標体重にたどり着かないグルメラバー。そして20代の起業を支援するビジネスコーチのYukioさんこと、佐野友希夫(さのゆきお)